摘む積む

にゅうす・ツイート・動画

さいたま市で食中毒…腸管出血性大腸菌O157で「コリアンダイニング・クオンズ浦和店」さんが3日間の営業停止

 

7月16日に発生した食中毒。埼玉新聞さんのサイトに掲載されていました。

 

 

 

さいたま市保健所は1日、腸管出血性大腸菌O157による食中毒事件を起こしたとして、同市浦和区高砂3丁目の飲食店「クオンズ浦和店」を食品衛生法に基づき1日から3日間の営業停止処分にしたと発表した。

 

 市食品・医薬品安全課によると、7月16日夜に同店で食事をした27歳と5歳の女性2人が7月21日以降、腹痛や下痢、血便などの症状を訴えた。医療機関の検査で2人から食中毒の原因物質O157を検出。同保健所は2人の共通の食事が同店に限られ、O157の種類が同一であることなどから、同店の食事が原因の食中毒事件と断定した。

 

 2人とも入院したが、1人は退院、もう1人も1日に退院予定で、2人とも快方に向かっているという。

 

女性2人が食中毒、O157を検出 さいたまの飲食店を営業停止に

 

 

コリアンダイニング クオンズ浦和店さんが公式サイトでお詫びを掲載。

 

 

O157による食中毒に関するお詫びとお知らせ

平成29年7月16日において、お食事をされたお客様に食中毒の疑いの症状が発症している旨、
所轄であるさいたま保健所より連絡がございました。
その後、調査の結果、2名のお客様から同じ遺伝子のO157が検出されたことから、
保健所により当店で提供した食事が原因であるとの判断がありました。
同日において複数のお客様に食中毒の症状がみられたことから、
 
8月1日(火)~3日(木)まで営業を停止致します。
 
日頃より衛生管理の徹底をしてきましたが、この度はこのような食中毒を発生させてしまい、
お客様や関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配お掛けいたしましたことを改めて心より深くお詫び申し上げます。
この事態を厳粛に受け止め深く反省するとともに、再発防止に向けて全社一丸となり、
食の安全・安心を念頭に万全を期してまいる所存でございます。
今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。
 
店主

 

O157による食中毒に関するお詫びとお知らせ|コリアンダイニング クオンズ 浦和店

 

 

 

以前、鶏肉の生食をウリ(生レバーや生焼けの串焼き)にしている焼き鳥さんで食べた際、カンピロバクターが原因の食中毒になったことがあり、こうしたニュースが気になるようになりましたね。

 

私の場合、同日、同席した友人も下痢と腹痛で苦しんだので確定。生食ができるお店だと知らずに入り、店員さんの「うちのは新鮮だから大丈夫」という言葉を信じたのですが、ダメでした(^^;

 

 

飲食店さんは細心の注意と衛生管理を徹底されていると思うので、事故が起こってしまうのは不可抗力であることが多いと思いますが、生の食べ物はちょっと怖いですね。お刺身も、寄生虫のアニサキスによる食中毒がありますし、焼き魚など火を通したものを食べる機会が増えました。

 

 

 

 

tumutumu.hateblo.jp

tumutumu.hateblo.jp

tumutumu.hateblo.jp